スマートフォン for ジュニアの初期設定

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

さ、ようやく初期設定について書きますよっと。

やはりスマートフォン for ジュニアの一番の売りといえば、(保護者側から見た)セキュリティ面でしょう。とにかく、子供が勝手な操作をしないような工夫がそこかしこに散りばめられています。この初期設定についてはもしかしたら購入時に店員さんがやってくれてる可能性も高いですが、一応、こんなんなってるんだよーという振り返りも兼ねて解説します。

   
端末を(一番最初に)起動すると初期設定画面が表示されます。この一番最初の「保護者パスワード」というのが肝で、これですべての操作のコントロール(使用できる/できない)を決定することになります。というわけで、見ぬかれないような数字4桁を使いましょう。子供の誕生日とかダメですよ。


   
続いて利用制限。一日の利用可能時間や一回の通話時間とか細かく設定できます。さらに緊急連絡先登録。電話帳に登録された人の中から緊急時に電話が掛かる人を設定できます。なお、防犯ブザーを鳴らすにはボリュームキーの大小を同時に長押しする必要があるので、子供にしっかり教えておきましょう。

   
あとは位置情報の提供や、有害サイトへのアクセス制限も可能です。最後にアニメで子どもと一緒に、スマートフォンの安全な使い方を学ぶアニメも付いています。

ジュニスマの初期設定
↑こんなん。

   
なお、初期設定をやり直したい場合は、ホーム画面でメニューキー(下部の右から2番目にある「三」)→本体設定→保護者設定→初期設定でやり直しが可能ですので、必要であればもう一度見直してみてください。